Orchestra Canvas Tokyo

CONCEPTS

Orchestra Canvas Tokyo (OCT) は、2020年8月に発足した音楽団体です。

OCTは、特定の音楽団体を母体に持たない開かれた音楽コミュニティとして設立されました。様々な知識や経験、アイディアを持つ奏者が交流する場となることによって、価値創造の拠点となることを目指しています。

人づての連絡先交換から始まった団の設立は、お茶の水管弦楽団、京都大学交響楽団、筑波大学管弦楽団、東京大学音楽部管弦楽団、一橋大学交響楽団、早稲田大学交響楽団の運営経験者有志により支えられ、一つの楽団として形を成すこととなりました。

設立後も、宇都宮シンフォニーオーケストラ、東京外国語大学管弦楽団、東京工業大学管弦楽団、東京大学吹奏楽部、東京大学フィロムジカ交響楽団、法政大学交響楽団、明治大学交響楽団、ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ、Princeton University Orchestraなど多くの団体から優秀な奏者が多数参加しています。

また、団の運営基盤が強固に整えられていることもOCTの特徴の一つです。複数の団体の運営体制を参考に設計された運営基盤は常設事業部制を採用、団の維持機能を担う総務部、演奏会の広報を担う広報部、演奏会の企画運営を担う制作部の3つの常設事業部を設置し、奏者の持つアイディアに可能なかぎり挑戦する体制を整えています。

これらの環境を最大限活かし、人的・知的交流が支える音楽的挑戦を通じて、皆様に新たな音楽的価値をお届けして参ります。